2020年2月23日日曜日

2019 全市全郡 コンテストの結果

2019年10月12~13日に開催された第40回全市全郡コンテストの結果がJARLのサイトに掲載されていました。
私は「XA 電信電話部門シングルオペオールバンド」にエントリーしていました。免許範囲内の出力と許可された周波数での参戦。3.5MHzから1200MHzまで運用できる体制で挑みましたが、VUはほとんど全滅でした(その分時間の無駄だったかも・・・)。
結果は提出237局中47位(6エリアでは2位)という結果でした。
CI-V機能が動作しないIC-756PRO(100W)メインでほぼCWという結果で、電信電話無差別級(QRO局から1KW局)のコンテストは楽しいですね。オールバンド電信部門でも良かったもしれません。
73

2020年2月10日月曜日

LoTWって何???ってちょっと悩みましたが

年をとってちょっとだけセミリタイヤしたのでいろんな事にてがだせるようになったためリグをIC-756PROからFTdx3000に更新しました。これに伴ってCI-VというかCATが正常に接続できる様にになったので、FT8を始めることにしました。12月に免許作業を行いましたが電子申請で取替と前から登録していたFT8の記載事項変更とFT4モードの追加ということで、費用は発生せず、10日ほどで許可が降りました。(免許状の交付はなし)
パソコンとトランシーバの接続はUSBのABケーブル1本で完了したためとっても便利です。これ1本で制御と音声(というかピ~ギヤ〜変複調信号音)同時にやり取りできます。
おまじないにTDKのパッチンコアを1個PC側に挟んでいます。
後,PCの時間を外部の時間と1秒以内に合わせておかなくてはいけないので、格安GPSユニットのU-Blox7に100円ショップで1mの延長ケーブルをつないで校正しています。
※これは交互に12秒づつ送信して交信を行うため輻輳しないように送信する時間、受信する時間のタイミング決めておいてそれにガードインターバルを設けているというのが実際に聞いていて理解できました。
で・・・・どうもデジタル時代になる前から主にDXの交信証明はARRLが立ち上げたLoTWというシステムが使われていて、DXCCなどもこのシステムにお互いが登録されて入れば、QSLカードを交換して第三者がそれを確認しなくても良いようです(やったことがないので詳細は不明です)
それでもってLoTWという意味は「Log on The World」という意味で特殊なファイル形式でアップロードする交信証(データ)をTQSL(Tust QSL)と呼ぶことがわかりました。
と、言うことでLoTWへ登録を行いました。ちゃんと日本語対応になっていますのでそんなにむtかしくはありません。ただしTust QSLということで「運転免許証や身分が証明できるもののコピー」と、「アマチュア無線免許状のコピー」が必要です。プライバシーと思われる詳細住所や免許番号の一部は隠してもOKな様です。
書類を添付したメールを送ると約6時間で登録が完了しました。
ログオン用のパスワードが送られてきました。
FT8のコントロールソフトでQSOすると自動的にアップロード用のファイルが作成されるのでLoTWに登録する作業もTQSLというアプリを使うと簡単に行うことができました。
LoTWは1月のFT8交信分から登録していますので、それ以前のQSOは登録していません。あしからず・・・・・・(T_T)
73

2020年1月15日水曜日

ファーウェイ製超格安!WiFiルーターのSysLog役立たず!

ファーウェイ製超格安!WiFiルーターWS5200のSYSLOGのIPアドレスが伏せ字ばっかりの件で2019年12月30日にメールで「ファーウェイカスタマーサービスに問い合わせをしていましたが、本日2020年1月15日にやっと回答がありました。
なんと
IPアドレスが*****となっておりますのは、セキュリティー上の観点より、ステルス化を行う仕様であるとの回答・・・
はぁ?
一体なんのセキュリティなんでしょうね?
以下その内容

平素よりお引き立ていただき誠にありがとうございます。
 また、この度のお問合せにつきまして、ご返信が遅くなり
 申し訳ございませんでした。

 弊社担当より、中国本社に確認をいたしましたところ、
 IPアドレスが*****となっておりますのは、セキュリティー上の
 観点より、ステルス化を行う仕様であるとの事でございました。

 上記より、表示するための設定やその他事項のご用意がございません。

 せっかくのお問合せにご希望に沿う事が出来ず大変心苦しい
 限りではございますが、この度のお問合せより、貴重なご意見として
 今後の参考とさせていただければと存じます。

 何卒ご了承のほどお願い申し上げます。


自分で細かい管理ができない人は再考したほうが良いと思います。
これじゃぁ、なんかあったときに対処もできないです。

2019年12月30日月曜日

超格安!あのファーウェイ製WiFiルーターのSysLogを確認できた

ファーウェイ製WiFiルーターWS5200にSysLogの機能があったのでSAVEしてみました。
ZIPファイルでダウンロードできるのですが、開いてみるとtar.gzで圧縮されていました。























するとアタックされた記録が残されていました。
が!
侵入しようとしたIPアドレスが***で隠されてるのはありえん!でしょうヽ(`Д´)ノプンプン
なんだよ!これ!
アタックしてきたアドレスは伏せ字にすんな!
と怒ってしまいました。サポートに文句入れようと思う。
73

2019年12月25日水曜日

超格安!あのファーウェイ製WiFiルーターの速度を測ってみた

ファーウェイ製WiFiルーターWS5200の速度を測ってみました。
ちなみに我が家の契約は(QT-NET:九州電力光ファイバ:プロバイダも同じ)100Mベストエフォート契約です。2008年から使っているので終端装置などは10年以上使っているポンコツですが壊れません。この間個人用意のルーターは片手以上に壊れました。
まず取替前のエレコム製のルーターの速度は
有線
Down 61.35Mbps Up 14.23Mbps
そんなに悪くはないです。
エレコムの無線LANは5GHz帯が接続できなくなったため2.4GHz帯での接続
Down 35.46Mbps Up 33.16Mbps と、悪くはないです。
そして更新後のファーウェイWiFiルーターWS5200の速度は
有線接続で
Down 71.79Mbps Up 22.69Mbps
結果 
Down 61.35Mbps→71.79Mbps  Up 14.23Mbps→22.69Mbps
改善が見られました。

更新後のWiFi速度は(5G帯優先)
Down 36.82Mbps Up 41.77Mbps
結果
Down 35.46Mbps→36.82Mbps  Up 33.16Mbps→41.77Mbps
こちらも改善しています。
まぁ、最新型だから素押しは速くなっていないとがっかりするところでしたが、3,000円でこの機能と速さなら日本のルーターメーカーはセキュリティとかで違いをアピールしないと厳しい戦いになりそうです。
73




超格安!あのファーウェイ製WiFiルーターを使ってみた

格安ルータのファーウェイWS5200を設定して使ってみました。
初期設定のアドレスは「192.168.3.xx」のアドレスとなります。他のメーカーは(1.xx)とか(0.xx)とかのデフォルトが多かったので注意が必要です。ちなみに私はこれらとも違うアドレス形態にしました。
「インターネット接続」でプロバイダの設定を行います。「MACクローン」という機能はなんなんでしょうね?MRUもデフォルト値のままです。
「自分のWi-Fi」というよくわからない名称のタグでWiFiの設定を行います。5GHz帯を優先して使用するスイッチがデフォルトでONです。
ここでは「WiFi接続用パスワード」を設定するだけです。

デバイス管理でWiFiにぶら下がっている機器が丸見えです。(当たり前ですね)
機器別に帯域制限を掛けることが可能です。

「その他の機能」がいちばん大事なような気がします^^;

「ファイアウォール」のスイッは「ON」にすべきですがどのような動作をするのかは不明です。
外部からファイルをやり取りする場合の「DMZ(非武装地帯)」のスイッチとかあります。
「アプリケーション」のところから「システムログ」が取れることがわかりましたが
現時点であまり有用な情報は混られません。外部侵入ログとか見れないのかなぁ。
73



2019年12月14日土曜日

超格安!あのファーウェイ製WiFiルーターが届きました。

南米大河で格安で発売された「あの」ファーウェイ製ギガビットイーサ付きWiFiルーターが届きました。
画面コピーでは¥3,498と なってますが実際はセール中だったので¥2,980でした。
グーグールで記事を見つけたのが発端なのですが、有線ポートもギガビットとか、制御CPUが高性能だとか、ビームフォーミング機能とか高機能が売りのようです。
どうしてこれを注文したのかというと、「エレコム製2.4G・5G帯WiFiルーター」の5GHz帯が動作しなくなったこと。使い勝手がどうも良くなかったことナノが理由です。
本当は「Corega製」のが欲しかったのですが業務用にシフトしたようで、なかなか手に入りません。
で、注文した時は12月23日配送予定との連絡だったのですが、12日になって「13日に発送」との連絡が有ったのです。
こんな箱に入って届きました。
中身は 本体、ACアダプタ、イーサケーブル、クイックスタートガイドの4点。
え?詳しいマニュアルなんぞも付いていません。クイックスタートガイドには「メンテナンスアドレスにアクセスしてパスワードを設定しなさい」くらいしか書いていない。
クイックスタートガイドを読むとWPS機能がありそのボタンが有りましたが、初期設定にこれを使用しなさいとは書いていません。なんなんだ・・・・
クイックスタートガイドの日本語は流石に「日本法人」があるのでおかしな言葉や言い回しはないようです。
コマーシャルが忙しいので、このWiFiへの移行作業は最初の到着予定日以降になりそうな予感。
「ファーウェイ」さんセキュリティを信じてよかですか?
73