2021年12月31日金曜日

AKC配布のSSB向けフィルタ付き外部スピーカ「ESPF01」を作る

 PC向けのCWフィルタはコイルを巻いて自作しているのですが、AKC(アマチュアキットクリエーターズ)のJH4VAJさんから「SSB向けフィルタ付き外部スピーカ」が頒布されたので飛びついて購入しました。

※現在は頒布終了、12月31日現在SSB向けフィルタ部(ケース付)「ESPF02」が頒布中
スピーカボックス部とフィルタ基板、スイッチ、インダクタ、コンデンサ等が入っています。
ステッカーも付いてます♪
コンデンサはチップコンデンサです。この中に10μFという高容量の部品がありました!
測ってみるとたしかに9.65μFと表示されました。セラミック系のコンデンサでこんな高容量の部品ができるなんて初めて知りました(単に勉強不足なだけですが)
後にVAJさんから教わったのですが、オーデイオ回路にこのような部品を使った場合、強力な信号が入った場合コンデンサが「泣く」現象が起きることがあるそうです。
時間的な余裕ができたらオーデイオ用電解コンデンサに変えてみるつもりです。
インダクタも測ってみましたが、秋葉原で買ったLCテスタとAliExで買ったパーツテスタと微妙に違う値でした。まぁいいか!って感じですね。測定器はちゃんとしたものを買いましょうww
背が低いチップコンデンサをなんとか取り付けて、インダクタをはんだ付けします。
インダクタから切り出した線を使ってスイッチを基板に取付します。
パネル側のナットの締め付けは慎重に行います。私はネジザウルスで有名なエンジニアの小さなナット回しを持っていたので傷つけずに取り付けることができました。ラジオペンチを使うと確実に傷が付きます。
ケースを組み立てます。垂直がきちんと出せるよう慎重に制作します。
パネルの裏側です。あとは裏板から接続ケーブルを取り付けるだけです。
ケースには100円ショップで買ったアクリル塗料を塗りましたが。さっと塗って止めればよかったと後悔しています。このあと重ね塗りを始めたおかげで仕上がりまで1ヶ月以上かかりました。
裏板にはクリア塗装を施して、エーワン製の「ラベル屋さん」を用いて銘板シールを制作し貼り付けました。
アクリル塗料は意外と完全に乾かないので重ね塗りして仕上げるのならやめたほうが良いです。すごい時間がかかります。
箱の中には100円ショップで買ってきた「キルト芯」を吸音材の変わりに周囲に貼り付けています。
塗装の仕上げは塗ったら800番、1000番、2000番の耐水ペーパーで水磨きして、塗りムラが目立たないようにしていって、最後はプラモデル用のコンパウンドで磨いて、クリア塗装をしました。数日おいて出来上がったボックスを手にとったら指紋が付きました。
もうアクリル塗装はしないことにします・・・・
肝心の音質ですが高音がカットされていくのでノイズが多かったり、高域からの混信が有る時は聞きやすくなります。ラグチュウにも良いと思います。
どこかに眠っている電解コンデンサを探し出して交換してみるつもりです。
73

2021年9月11日土曜日

釣竿アンテナでLow/WARCバンドにOAしたい!(2)

  前回の記事で、「釣具屋で5mのグラスファイバー製の釣竿を買って、SGCのアンテナチューナーを繋げて1.8/1.9MHzやWARCバンドにOA出来るようになりましたただ一つ不便な点があって、「電源を釣竿アンテナの近くから供給する必要」がありました。昔作った5Aの電源をアルミサッシの隙間から電線を出して「夜間や雨の日」は電源を抜いて収納していました。これは不便です。

そこで昔仕事で使用していた「同軸ケーブルへのDC重畳/分離器」が使えるんじゃないかと、廃棄品のジャンクがないか探しましたが等の昔に捨てられてしまっていました。参考にもできない・・・

「それなら無いものは作ってみよう!」と色々調べたら結構自作している人がいらっしゃいました。そこで部品の定数などを参考にさせていただいて検討することにしました。JA2OCW/JF1VNT佐藤OMに有益なヒントをいただきました。ありがとうございました。ただ、アンテナ側がのチューナーを分解して組み込んでいたりしたので、そのままでは使えません。私が使っている「SGC-237」はアメリカのトラック野郎や船舶用途に使えるように防水仕様になっています。分解しないのが得策です。



SGC-237について
SGC-237はモービル運用や移動運用にに特化した製品ですので「CWで100W」が定格です。その代わり外部端子はアンテナとDCコネクタの2つだけといたってシンプル。送信状態になるとその周波数で同調動作が行われます。電源が「切」やバンドが変わるとやり直しです。とってもシンプル。






同軸ケーブルへのDC重畳器」=「Baias-T」を作ってみました。
そこでLT Spiceを使ってご機嫌を伺ってみます
使ってもすぐに使い方を忘れてしまいます・・・
一応1.8MHzから30MHzまで問題無いかは見たつもり。

で、出来上がったのが

これです!性能より見栄え!低コストをモットーに作りました。
RFを阻止するインダクタは「巻かない」、コネクタはノーブランドにしたのですがコネクタはやっぱりMコネクタにしろXLRコネクタにしろ「良いものを買った方が良い」という当たり前の教訓をいただきました。(使えますけどスムースさなどが全然違います)
組み立て工程などは、また、書きます。                  73

2020年12月2日水曜日

釣竿アンテナでLow/WARCバンドにOAしたい!(1)

 釣具屋で5mのグラスファイバー製の釣竿を買って、SGCのアンテナチューナーを繋げて1.8/1.9MHzやWARCバンドにOA出来るようにしました。

使ったアンテナ整合器はSGC社の「SG-237」と言うモービル用のオートアンテナチューナーで制御線などは無く、DC12Vと入力用の同軸ケーブル、GND端子のみというシンプルなもので100WPEP(CW)の様なので50Wが実用範囲ですね。

1.8/1.9MHz、3.5/3.7MHz、10MHz、14MHz、18MHz、21MHz、24.5MHz、28MHzでマッチングが取れました。あっという間です。ただ、7MHzだけは同調しませんでした。適当に庭に合わせて張ったワイヤーの長さがダメだったのでしょう。
通電しない状態でMINI1300を使って測定してみました。

19.875MHzに同調しています。道理で18MHzの飛びが良いはずです。7MHzはVSWRが10近くあるので同調しなかったのも頷けます。
3.5/7/14MHzはロータリーダイポール(MFJ-1785)、21/28/50MHzは6エレ八木(HA36X)を使っているのでこれでHF全バンドでOA可能になりました。
ケースは未来工業の電工用の箱を使っています。
これで10MHz、18MHz、24.5MHzのWARCバンドのFT8でDXが出来ました♪
12Vは家の中から電線を這わして供給しているので晴れたデイタイムしか運用できないのが難点です。そういうことなので早朝深夜がメインの1.8MHzは運用できていません。
そこでシャックから同軸ケーブルにDCを重畳してATU側でDC/RFを分離して運用できないか検討してみることにします。
73

2020年11月18日水曜日

MINI1300で10年以上使っている3バンドGPを測ってみた

 もう10年以上使用している3バンドGPをMINI1300で測定してみました。
DIAMONDアンテナの多分X5000だったと思います。
144MHz,430MHz,1200MHzです。5DSFA約7mの特性込の特性です。
144MHzの特性

430MHzの特性
1200MHzの特性
これは・・・・一番良いVSWRの値が1.7とは・・・
ケーブル込みの特性とはいえ劣化しているのかなぁ
また、
こんな感じで5BANDまで同時に表示できます。この場合のSWRはスキャンの開始端の値ですね。
買い替えを考えないといけないのかもしれません。
73

2020年8月2日日曜日

CW Skimmerを入れてみた(まだ未登録)

フィールドデーも参加できず、仕事の後はバタンキュー(死語)だったので、ここ2週間遊べませんでした。
FT8を覗いてみたら短時間ではWKDばっかりで面白くありません。
コンテストやDXのパイルアップで便利だというソフト「CW Skimmer」が気になっていたのでインストールしてみました。
まず、どんなものかも分かっていなかったので、すごいびっくりしました。


今回の構成はFTdx3000+USBケーブル+PCと言う構成。
インストール方法は「月刊FBニュース」2015年10月号の記事に詳しく記載されているのでそちらを参照してすんなりできました。

ダウンロードサイトは開発者のサイトから
右上の「Downroad」から入手できます。
後は「月刊FBニュース」2015年10月号の記事の手順で最低限のセットアップが完了ですが、私はAFケーブルを使わずUSBで繋ぎましたので動くか試してみました。
設定がちょっと分かりにくい場所に有りました。
普通なら「File」にでもあると思いますが、なんと「」で囲んだ「View」に「Setteing」と言う項目が有ります。
開くと(ここからは私の備忘録を兼ねます)
別途専用の受信機(SDR受信機)を用意していないので「3KHzRadio」を選択。
CWSkimmerは受信周波数から3KHzをスキャンします。ここで問題なのは混信があるからと言ってFTdx3000のFilterを絞るとそのFilterの帯域外の信号は復調できません。
※FTdx3000には受信OUTがあるのでここにSDRを接続できれはもう少し広く受信できるそうです。SDRの導入がコンテストやDXパイル参戦実用化の鍵のようです。
次にUSBケーブルで動かすために
「Audio」タブを選んで「Signal I/O Device」を「マイク[USB Audio CODEC]」、
「Audio I/O Device」の設定を「スピーカ[USB Audio CODEC]」とします。
八重洲の拡張USBドライバがインストールできていれば表示されるはず。
残りは触っていない。
次は「CAT」の設定
「Cnfigure」から詳細を設定します。
私のFTdx3000は拡張プロトコルでCOM3とCOM6を使用して「WSJT-X2.x」を動かしています。「CTEST-Win」もこれでバンドデータをやり取りして、「USBIF4CW」経由でキーヤー送出できています。
ここで間違って「COM3」を選択したら「OK」で送信状態になりましたorz・・・・
まだ購入していないのでよくわかりませんが
コールサインやQTH&GLを入力するようになっていました。
運用するようになったら入力しようと思います。

RSP1A」というSDRの購入も考えないといけませんね。
73

2020年7月19日日曜日

大分コンテスト 頑張れず 暫定結果も出た!


大分コンテストが6月13日(土)21:00から14日(日)15:00まで行われました。私も仕事が終わっておっとり刀で準備を終えて参加しましたが、やはり体力には抗いきれず「爆睡」してしまいました。
7時過ぎに「これはいかん」と気を取り直して20数年ぶりに「CQコンテスト」と声を出してランニングを行って200局ちょっとQSOを行うことが出来ました。
このコンテストは「オールバンド・オールモード」部門がないため前日に6mで近所の移動局とラグチューしたのがポイント外になっております。
そして6月14日に「第18回大分コンテスト」の暫定順位が発表されました。
これは最初の1ページ目です。リンク先から確認してください。
来年はもう少し頑張ります。
73

2020年4月29日水曜日

2020ALLJAコンテスト! 24時間戦えませんでした・・

2020 ALLJAコンテストに参加しました。
24時間戦えませんでした・・・・・・
参加部門は「XA:電信電話オールバンド」
送信出力は免許範囲以内で、モールスと音声交信の2モードといういわゆる免許された範囲で競ういわゆる無差別級です。(他に電話(音声)だけとかモールスだけ、パワーは10W以下のローパワー部門、特定の周波数(の特定のモード)だけとか様々な部門があります。

結果は・・・・
250局・85マルチでした。
無線機を18年ぶりに更新してかなり聞きやすくなってオペレート出来たのに去年より10局少なく、マルチも15少なかった(T_T)
原因は仮眠3時間で起きれなかったことと、#STAYHOMEの関係で移動運用自制要請とクラブ局などのマルチオペレーター禁止などの影響でしょう。また、14MHzから上の周波数があまりオープンしなかったこともあると思います。
次の大分コンテストはスケジュールが合えばリベンジします。
73